皆さんが運営されるウェブサイトが、検索エンジンなどの順位の Google 側の基準を、良く理解し、その定義やルールによって、ウェブサイトの構築や設計を変化させていくことが、何よりも重要な判断となってくるでしょう。

Google 側は、ウェブサイトの価値の評価としては、ウェブサイトのユーザーからの支持などといったものが、その対象としての影響を大きく与えているようです。

検索エンジンを利用するユーザーたちにとって、皆さんが運営するウェブサイト自身が、どんな利便性を持って存在しているかといったよう、なコンテンツ内容の充実度が影響してくるのではないでしょうか。

皆さんのWebサイトを訪れるユーザーたちの満足度が、そこには評価として値しているようです。

このようなお客様の満足度を試みる取り組みは、実際には、 SEO などの対策にも、反映されてくるのですが、 SEO などの対策においての反応や反響は、即効性のあるものではありません。

ウェブサイト側の対応を行ったからといって、必ずしもその効果が見られるとは限りませんし、2、3日中に効果が現れるといったようなものでもありませんですから、皆さんがウェブサイト上での集客や成果を上げるためには、様々な準備や期間を必要としてくるのが現状です。

そして海外で展開する場合は、日本国内とは異なる運営の対策を取らなければなりません。詳しくは海外SEOで調べてみると良いでしょう。

                

                       

インハウス SEO

インハウス SEOとは、企業が運営しているホームページのSEO を、自社内で取り組むことをいいます。

外部のSEO 業者に委託せず、自社内で対策 チームを組んで取り組むため、多彩なメリッ卜が享受できます。

近年、日本における検索エンジンの最大手であるGoogleは、検索ユ ーザーのためにならないサイトや露骨なSEOに頼ったサイトを、検索結果の上位から締め出すような対策を繰り返しています。

パンダアップデート、ペ ンギンアップデートなどはその最たるものですが、これらのアップデートにより、 SEO 業者は大きな痛手を被ることになりました。

これまで有効だった テクニックに頼ったSEOが効かなくなってきたからです。

このため、社内で じっくりと時間をかけた、検索ユーザーに向けた真撃なホームページ作りが検索結果の上位に表示される機会が増えました。

インハウス SEO こそ、時代にマッチしたSEO への取り組み方です。

海外SEOについて

運営するWebサイトの集客力を高めたいなら、日本以外にも目を向けるのがセオリーになりつつあります。国内で多くの人の集客に欠かせないのは検索エンジンであり、そこで上位に表示させたいならSEOは必須です。国外に対しても同様のことがいえますが、海外SEOは国内向けのものと少し異なる点があります。
まず前提として知っておく必要があるのは、国ごとにSEOの特色や実施の方法が異なるという点です。そのような相違点がある理由として、そもそもメインとなる検索エンジンが異なるという事実が挙げられます。それだけでなく、文化的な違いから生じる人気コンテンツの差なども影響しています。つまり日本でGoogleが強いからといって、同じ感覚で海外のSEO対策を行うと失敗してしまう可能性が高いのです。まずは固定観念を捨てて、対照とする国で主流になっている検索エンジンを調べることから始めましょう。
コンテンツの好みについても日本と同じように捉えていてはいけません。日本でブームになっている商品でも、他の国ではまったく関心を集められないことも珍しくないからです。また、トレンドの調査はビジネスを行ううえで不可欠ですが、同時に自分のWebサイトを検索エンジンに認知してもらうことを優先してください。そこでポイントになるのは、対象の国で使われている公用語で作ったページを用意することです。複数の国を対象にするなら、個別にドメインを用意するのが基本となっています。サブドメインもそれぞれ用意して、サブディレクトリも分類しておきましょう。
機械翻訳を使わないのも基本的な対策の一つです。日本語で作ったページをベースにする場合、機械による直訳は不自然になってしまうケースが目立ちます。意味の通らない怪しい印象を与えるページになってしまい、検索エンジンによる評価が低くなりかねません。翻訳に費用がかかっとしても、各国の感性まで考慮した自然な文章に直したほうが良いでしょう。